内臓脂肪とは?増える原因と対策

内臓脂肪は人間の体の内臓がある腹部の周囲に存在する脂肪のことを言い、その脂肪が付く原因が存在しますが、対策を行うことで解消できる特徴もあります。
体の脂肪は、体を構成する上では必要な要素で皮下脂肪と内臓脂肪に分かれます。
このうち皮下脂肪は、表皮や真皮といった皮膚の下にある脂肪のことを言い、美容に関わる役割を持っています。
一方、内臓脂肪は内臓のある位置である腹部の周囲に付く脂肪で多少付いても問題はありませんが、それが付きすぎてしまうと内臓・血管などを圧迫したり、血液内の脂肪酸の血中濃度を高くして生活習慣病の原因に繋がります。
腹部に脂肪が付く一番の原因としては、体を動かすことがあまりないなどの運動不足を始め、肉やファーストフードなどの高カロリーの食事を摂取し続けた結果によって起こることが多いです。
またダイエットのリバウンドや過食、不規則な食事を摂取することなどもあります。
内臓脂肪を減らす上での対策には、まず食事で炭水化物の量を減らすこと、塩分の量を減らし高脂肪のファーストフードなどの食事を抑制すること、そして有酸素運動を行い汗をかくことです。
また他の対策には野菜、魚を中心とした和食に切り替えたり、脂肪燃焼のサプリメントを服用する方法でも内臓脂肪が減少する効果が期待できます。

 

 

内臓脂肪がたまるのは食べ過ぎが原因なの?

メタボの象徴とも言える内臓脂肪は生活習慣病の元と言われています。
健康診断などで指摘されると生活習慣の改善をするように言われます。
そもそもなんで内臓脂肪が溜まってしまうでしょう。
それは古代の人間の生活が原因と言われています。
祖先でもある古代人は狩猟によって獲物を捕って生活をしていました。
そのため、今のような時間で食事をとるような生活ではありません。
次いつ食べられるかわからないような生活です。
そのために食べ過ぎた分を内臓脂肪として蓄積して必要な時にエネルギーとして使えるようにしました。
今では安定して食事をとることはできるようになったためあまり重要ではなくなってきていることも多いです。
それでも体は食べ過ぎた分を溜め込むといった働きを変わらず行なっています。
それが内臓脂肪が増える原因です。
普段取っている食事が決して多くないとしても、消費されるエネルギーよりも食べ過ぎてしまった場合は蓄積されることになります。
あんまり食べ過ぎてるわけじゃないのに溜まっていくと思うなら消費エネルギーが少ないことも原因かもしれません。
座っていることが多い環境だと内臓脂肪はなかなか消費されません。
適度な運動をして消費される分を増やす必要があるということです。

 

 

高カロリーな食事は内臓脂肪を溜め込んでしまう原因になるの?

現代人の多くに見られる内臓脂肪の増加の問題は、高カロリーな食事習慣が原因になっているとされています。
以前の日本人の暮らしに比べ、現代人の食生活は実に多様化しており、また生活習慣も大きく変化しているため、食事が健康に与える影響は実に大きなものになってしまっています。
特に忙しい生活を送っている人は、簡単に食べることの出来るファーストフードやインスタント食品といった高カロリーな食事を摂る機会が多く、それによって内臓脂肪の増加を促進してしまっています。
内臓脂肪の増加は、外見ではそれほど目立たない事も多く、痩せ型の体型にも関わらず、肥満とされている人も多くいます。
食事が原因によって内臓脂肪が増加しているという人は、高血圧や動脈硬化などの深刻な事態を引き起こす前に食事制限の見直しを行なうことが必要です。
理想的な食生活としては、やはりバランスが良く、過剰な高カロリーにならないものを食べる事が大切ですが、仕事などが忙しく、中々バランスの良い食生活を送ることが出来ないという人は、サプリメントなどで不足している栄養素を補ったり、カロリー計算をマメに行い、内臓脂肪が増える原因となる食生活を控えるという事が大切です。

 

 

内臓脂肪増加はお酒やアルコールが原因となる?

結論から言うと、お酒やアルコールの摂りすぎは内臓脂肪増加の原因となります。
診察や健康診断などで、内臓脂肪が原因の肥満と診断された場合、必ずと言ってよいほどお医者さんからは「お酒は控えてください」とアドバイスされます。
なぜなら、内臓脂肪とお酒の間には密接な関係があるためです。
人体はアルコールを摂取すると、それを分解するために肝臓から酵素が分泌されます。
飲みすぎると、肝臓は酵素を出し続けなければならなくなります。
するとその間、肝臓はアルコールの分解に追われるため他の食べ物を代謝することが出来ないとのことです。
その結果、アルコールと一緒に摂取した他の飲食物は、内臓脂肪となりやすいのです。
つまり、つい一緒に食べてしまいがちなおつまみが脂肪になりうるということです。
フライドポテトや焼き鳥、から揚げはその筆頭で、体脂肪増加を大幅に加速させてしまいます。
さらに、ビールやウイスキーなどの穀物を原料とするお酒の中には、糖質が含まれています。
この糖質が肝臓内の脂質と混ざると、脂肪となってしまうこともあります。
ただし、内臓脂肪増加の原因となるのはあくまで飲みすぎた場合です。
1日に最適な摂取量内で収めていれば、お酒を全面的に禁止する必要はありません。
メタボにならないためには、適度な量を把握して飲むことが重要と言えます。

 

 

不規則な食生活を送っていると内臓脂肪が増える原因になる?

不規則な食生活を送ることは、内臓脂肪を増やしてしまう大きな原因の一つです。
例えば、食事をとる時間帯がきちんと決まっていない人や、夜遅くにカロリーの高い食べ物ばかりを食べているような人は注意が必要です。
こうした不規則な食生活は内臓脂肪が溜まりやすくなる原因になりますし、場合によっては生活習慣病などを引き起こす可能性となることも。
こうなってしまわないためには毎日三食、決まった時間にしっかりと食事をとることが大切です。
さらに、就寝前はなるべく食事をしないこともポイント。
こうした点に気を付けながら、不規則な食生活を少しずつ改善していきましょう。
また、内臓脂肪が増える原因は食生活だけではありません。
実は運動不足もその原因の一つです。
そのため、まずは自宅周辺を歩くなどの簡単な運動からで良いので、体を動かす癖をつけるようにしましょう。
こういった余裕がない場合には、自宅で簡単なストレッチを行うだけでも十分おすすめです。
「今日は食べすぎたかもしれないな」と思った日は、ぜひ体を動かしてみてください。
そうすれば、内臓脂肪の原因である運動不足を解消することができますよ。
不規則な食生活や運動不足に気を付け、健康的に生活していくようにしましょう。

 

 

関連ウェブサイトの紹介

こうして見ると、内臓脂肪が増える原因って実に様々なものがあることがわかります。
増えた脂肪を減らすためにはどうしたらいいのでしょうか?
悩ましい所ではありますが、漢方薬の力を借りるというのも一つの手です。
生漢煎という名前の商品があります。
もし聞いたことがないということであれば、ここに載せているウェブサイトが役に立つと思います。
生漢煎の口コミ
参考サイト:生漢煎の口コミにはどのようなものがある
役に立つサイトですので、是非一度、訪問してみてください。